小さい三角!?

HOCCのクラブハウスを出て、太田川河口の赤灯台→津久根島→弁天島→赤灯台に戻ってくるコースを三角。
赤灯台→津久根島→水鳥公園→赤灯台に戻ってくるコースを小さい三角と呼んでいます。

画像
さあ、津久根島へ、HOCCのユニホームがきらりと光ります。

ーー
7/23土、HOCCのKids&Jr練でした。
集まったのは、KidsのKIT、Dive、KIJ、KO、JrのSE、GK、サポートはGK父、KIJパパ&ママ、N尾代表と僕。
10人なんで、カヌーに6人、エスコートボートに4人が乗り込み津久根島へ。
途中交代しながら漕ぎましたが、漕ぐ時間よりも子供達が海に飛び込んで遊ぶ時間の方が多かったかな?子供達の夏休み、海で遊ぶのが一番だったりします。
ーー
7/24日、HOCCのクラブ練。
集まったのは、Y本さん、HGさん、いつも明るいMDさん、N尾代表と僕。5人のメンバーで津久根島へ。
いつもなら5分とか10分のインターバルですが、今回は津久根島までノンストップでタイムを計ります。OC-1で20分を超えるくらいらしいですが、このメンバーで30分を切るか、25分掛かるか?
#1:Y本さんと#2:僕が引っ張り、#3:MDさんと#5:HGさんがついてくる、#6ステア:N尾代表がタイムを計り、ペース配分の支持をだす感じ。

クラブハウスを出てウォームアップ。
赤灯台の真横にカヌーを並べて…Ready Goーーー!
Y本さんのペース、リズムに合わせ漕ぎだします。
アップの時にN尾代表からは「これぐらいのペースで」と指示が出ています。

曇り空で微風、潮は止まっている、いい感じでカヌーが海面を滑っていきます。
10分、15分と経過時間がN尾代表から告げられ、津久根島近くなったところで、Y本さんがペースを上げ、ゴール!!
18分30秒…予想よりははるかに速いタイムでした。OC-6に一人減のメンバーでは十分なタイムだったかね。

画像
海に飛び込んで、涼むオヤジ達とご婦人たち…「この画像は使わない」とは言ったものの、まあいいか!楽しそうなんでね。

津久根島で海に飛び込みクールダウン。子供達だけでなく大人達の夏休み?広島湾の真ん中でこんなことができるのもカヌーのよかところでしょう。
津久根島から水鳥公園へ、以前は1manの練習やクラブレースで漕いでましたが久しぶりです。
水鳥公園から赤灯台へ、#1にN尾代表が入り、僕が#6ステアへ。
穏やかな曇り空の海、それぞれのポイントではゆっくり遊びながらの”小さい三角”、本当に久しぶりだったんで楽しかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック