続、風の中へ…

ちょいと風があるな。
でも漕げない風ではない。
竹岡の浜まで漕いでみるか?
いや、近場にしようか、湊川の桜も満開だと聞いた。

P4040991.JPG
湊川河口。河岸には無数の流木。なんとなくこの荒涼とした風景が少しだけ好きだったりします。ここで野営したいな。

G-baseから隣の海岸へ。
竹岡まで漕ぐつもりで出たが、更に風も強くなってきたところで方向転換。
湊川の川辺に咲く桜を眺めに遡上。
ひらひらと舞い落ちる桜の花びらを見るとなんとなく日本に生まれてきて良かったなんてことを思う。

コロナ禍で1年以上も人との交流に制限を受けてきたし、関東圏の近場に住むGな奴らともなかなか会えなかったり、ネットなんかで状況はわかるものの、やっぱり直に言葉を交わした方が楽しい。
いつまで続くのかな?。さっさと終わって欲しいもんだ。

湊川を橋三つほど遡上。
川面から見る風景に何となく懐かしさを感じる。
なんだろうかな?ファルトボートで川旅やってた頃の感覚かな。
四万十川、江の川、信濃川、魚野川、那珂川、他にもいくつかの川をキャン道具満載のカヤックで下っては河原でキャンプ。数日居てはテントを畳んで次の場所へ…常に目線は川面から橋の上や堤防の上を見上げるような感じ。
その感覚が懐かしいく思えたのかな?

そして河口。
河原に残った流木達、その荒涼とした感じ。旅の終わり。
意気揚々と希望に満ちて始めた旅が終わったという脱力感。
でも、また数日たてば次なる旅を探し始める。そんな繰り返しを昔やっていたような気がする。

それって二十代後半から三十代前半のこと。またそんな旅を始めたくなった。


追記)
KZPの牛歩カヤック、再開したようです。
お隣の釣り師さんから「昨日カヤック作ってた人いたよう、久しぶりに見たねぇ」なんて。

3歩進んで2歩下がる。それでも少しずつ、少しずつ進んでいる。
そんなKZP亭(ちがーう、艇だってば)が浸水(やっぱりちがーう、進水だってば)する時にはしっかりお祝いしてあげたいもんです。
167923662_10222265481739488_3301685742966876615_n.jpg
コロナ禍で来れなかったこの1年。
接着剤の劣化や木の反発力に耐え切れず、ビームが抜けたようです。でもダイジョウブ!これくらいは補修の範疇で直せます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント