最終確認?!

先週、仕上げたQajaq7号艇改改を海に浮かべてみます…まだまだ進水なんてものではありましぇ~ん!

画像
喫水、スターンデッキ上面からツーフィンガーってところかな。喫水は前回改造した時にわかっているから確認するまでもありません。

画像
Qajaqを水で満たせば縫い目から空気が出てきて漏れる箇所がわかります。また、担げる程度に水を抜いて斜めや横向きにしてみれば水が漏れてくる箇所がわかります。


実際に水に浮かべて帆布や縫い目からの水漏れを確認、フレームが身体に当たって痛い部分などないか確認します。
ロールの真似事も踏まえ30分ほど経ってコクピットの中を覗いてみましたが水がジャバジャバ入っているようなことはなし。

海から上がる前、乗ったままQajaqを横に向けコクピットから海水を流し込んでみます。
だんだん水没していきますが、このとき前後の縫い目を観察…前に1ヶ所空気漏れ発見。
海から上がった後、Qajaqから水を抜く際にさらに確認…水芸みたいにピューってのはなし。
G-base前で台に乗せ、全体を拭き上げたたところで横にしてみると…ガンネルのテンションループあたりから1ヶ所、わずかな水漏れ発見。

水漏れはこの2か所。
これらも接着剤でシールします。

あとはどうかな?
帆布のザラザラが気になったんでもう一度サンディング。

何やかんやで半日仕事でした。
これで心置きなく海に出ることができそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック