ひろしま 海の祭典2016!

8/28(日)、今年も広島市西区の観音マリーナで、<ひろしま 海の祭典2016~バリアフリー祭り>が開催されました。
画像
<海の祭典>の前日は荷物を準備したり、アウトリガーカヌーをマリーナへトーイングで運んだり、JrメンバーのGK、KOも手伝ってくれました。画像はKOがつくったHOCC看板です。

HOCCのアウトリガーカヌーが参加するようになって5年目だそうです。
僕は2012年の夏に広島に単身赴任で来てますから2013年からお手伝いをするようになって4回目
今年の海の祭典ではアウトリガーカヌーが一番人気だったらしく、参加も抽選だったようです。

ーー 
8/27(土)、Kids練の予定でしたが、翌日の<ひろしま 海の祭典>に準備となりました。
集まったのは、Y本さん、HGさん、いつも明るいMDさん、GK父、JrメンバーのGK、KO、N尾代表と僕。
2艇のOC-6を1艇づつエスコートボートでトーイングしマリーナへ。
OC-6でマリーナへ入るのは初めて、指定の場所へ係留し、その日は終了。
翌日の天気予報は雨、ちょいと心配です。

画像
昨年まではなにかと制限があったようですが、今年はマリーナへ係留の許可が下りました。
海の祭典ですからね、ヨットやクルーザー、手漕ぎのボート、カヌーが共存できるような場所であってほしいです。


ーー
8/28(日)朝8時、HOCCのクラブハウスへ集合。
集まったのはY本さん、HGさん、いつも明るいMDさん、N尾代表と僕。
エスコートボートにパドルや荷物を積み込みマリーナへ。N尾代表が全体ミーティングへ参加している間に、OC-6をマリーナから観音崎の砂浜へ漕いで移動。
現地集合のSTさん、仕事もあるけどちょいちょい顔を出してくれるGK父や、ボランティアスタッフも二人ほど手伝ってくれたりで、少人数ですがなんとかやっていきましょう。
画像
PFDを着てもらい、パドリングレクチャーの後、海へ!

もらった名簿には63人の名前、タイムスケジュールは30分の体験、休憩は10分、お昼休みはあるものの、終了は16時、結構な長丁場。まあ、じっくりいきまっしょ。

10時、体験会開始。初めに2組の家族を迎えます。
N尾代表からアウトリガーカヌーの説明、パドリングとパドルチェンジの時のハップ&ホーの掛け声等、一通りのレクチャーを終えて、海へ。

画像
OC-6から海へ飛び込み、アマに乗る子供達。ちょいと天気が不安定でしたが、楽しい時間を過ごしてもらったかな。

天気は曇り、たまに小雨だけど問題なし。
風は終日、北風。この時期午後は南に変わり海面が荒れてきますが台風の影響で風向きに変わりはなく、海面の乱れはありません。

観音崎の浜から堤防沿いに太田川放水路河口へ。
途中、小イワシの群れが海面を跳ねたり、ボラが跳ねたりするたびに子供達の歓声が沸きます。

太田川に入ったところで少しばっか休憩。
参加者の方々と広島湾の様子や周辺の島々の様子なんかを話します。
広島の海は初めてだとか、目線の高さがいいとか、、、思えば僕もそうでした。
初めてカヤックに乗って川や海を旅したとき、初めてみる風景や視線の低さにいつも癒されていたような気がします。”初めて”って感覚、いつも忘れずに持っていたいもんです。

さて休憩も終わり。
次のクルーを乗せるために観音マリーナの浜に向かいましょう。
またまだ初めて海やカヌーを体験してくれる人がいる。もっともっとその楽しさを共有できる人が増えてくるとよかです。

画像
<海の祭典>も無事終わり、クラブハウスへトーイングで戻ります。お疲れ様でした。

おわり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック